栃木県宇都宮市の動物病院アニマルフレンドは、根本からの治療や健康維持をアドバイスいたします。

【栃木県宇都宮市・下野エリア】獣医さんならペットホテル併設の『動物病院アニマルフレンド』トリミングも行っております。

ペットの病気
ホームペットの病気

ペットの病気

犬の病気
ジステンパー
ジステンバーウィルスによって感染し、うつりやすく死亡率も高い、犬の代表的な病気。
感染力が強く、死亡率も非常に高い病気で、空気感染と、ジステンパーウィルスに感染した病犬から直接うつる場合があります。
子犬に発生がもっとも多くみられ、感染すると、

・発熱
・食欲がなくなる
・膿性の鼻汁、目ヤニ

といった初期の症状から、呼吸器系、消化器系に広がり、

・激しい咳(呼吸器)
・下痢、脱水(消化器)

などの症状が現れ、てんかん様発作、後躯麻痺等の神経症状を示し、衰弱死してしまいます。
犬コロナウィルス病
犬コロナウィルスによる伝染病で、子犬の場合の症状は嘔吐と中~重度の水様性下痢を引き起こします。
潜伏期は1~2日で、軽い胃腸炎の症状の後、多くは回復します。
このウィルスは感染した犬の便や尿に放出され経口感染します。
アデノウイルス1型(犬伝染性肝炎) アデノウイルス2型
犬アデノウイルスには1型と2型の2種類があります。
1型は、子犬の突然死(かかって一晩で死ぬ場合があります)や、

・発熱
・元気がなくなる
・食欲がなくなる
・嘔吐、下痢、扁桃腺のはれ
・目(角膜)が白くにごる

といった犬伝染性肝炎の症状をおこします。

2型は、肺炎や扁桃炎など呼吸器病をひき起こします。
現在2型のワクチンで1型の犬伝染性肝炎も予防できることから、2型ウイルスによるワクチンが主に用いられています。
パルボウイルス感染症
パルボ(極小という意味)ウイルスによる急性伝染病で1979年にアメリカで発見され、その後世界中に広まりました。犬パルボウイルスは、チリやほこりに混じって長期間生存する、たいへん抵抗性の強いウイルスです。
母犬譲りの免疫のない子犬が突然死してしまう心筋型と、激しい下痢や嘔吐を特徴とする腸炎型があります。
子犬の場合は、特に症状が重く、死亡率も高いので、注意が必要です。
レプトスピラ症
レプトスピラ症は、犬だけでなく他の動物や人にも感染の可能性がある伝染病で、 病原菌は尿中に排泄され、この病犬の尿と接触することにより感染します。
ネズミの尿も感染源になります。
症状には黄疸出血型とカニコーラ型の2タイプがあり、黄疸出血型では、黄疸の他に、

・嘔吐
・下痢
・歯茎からの出血
・血便などがみられます。

カニコーラ型は、

・嘔吐
・下痢による脱水症状
・体温の低下

などがあり、手当が遅れると尿毒症を起こし死に至ります。
最近はヘブドマディス型を予防できるワクチンも用意されています。
犬パラインフルエンザ
犬パラインフルエンザは、単独での感染症よりも犬アデノウイルス2型、犬アデノウイルス1型、ボルデテラ、マイコプラズマなどいろいろなウイルスや最近と混合感染して、気管支炎や肺炎、または一般に「ケンネルコフ」と呼ばれる呼吸器系の疾患をおこすものとして知られています。
伝染力が非常に強く、病犬との接触や、咳やクシャミなどから空気感染を起こす事もあります。
気管、気管支、肺に炎症をおこし、激しい咳が特徴です。
狂犬病
発症するとほぼ100%死に至る恐ろしい感染症で、人畜共通伝染病の1つです。
そのため、日本では狂犬病予防法により、狂犬病のワクチン接種が義務づけられています。また、この予防接種により自動的に飼い犬として市に登録されます。
症状は、

・咬傷部周辺のかゆみ
・疼痛
・頭痛
・発熱
・見当識障害
・幻覚
・マヒ

などが現れ、水を飲む際ノドに激しい痛みをともなったけいれんが起こるため、水を見ただけで発作が出る事があります。
その他、顔に風が当たっただけで発作が出る事もあります。
人へも、感染動物に咬まれたり、傷口をなめられたり、唾液が粘膜について感染する事があります。
猫の病気
猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)
猫のヘルペスウイルスが原因の病気で、感染猫のクシャミや分泌物などからうつる、猫の「鼻カゼ」ともいわれているものです。
症状は、

・急に元気がなくなる
・食欲がなくなる
・発熱、鼻ミズ、クシャミ、目ヤニなどがでる

といったものです。下痢をし、脱水症状を示して衰弱が進み、死ぬ事もあります。
猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)
猫のパルボウイルスが原因の病気です。
感染力が強く、感染してから急激に症状がでることもあり、体力の弱い子猫など1日で死ぬ事もある恐ろしい病気です。
最初は食欲がなくなり、水も飲まずにうずくまった状態になります。
白血球が極端に減少し、

・発熱
・激しい嘔吐
・血便や下痢
・脱水症状

などをひき起こします。
感染猫との接触だけでなく、感染猫の便や尿、嘔吐物で汚染された物、またノミなどの外部寄生虫によっても拡散されます。
クラミジア感染症
猫のクラミジア感染症の主な症状は粘着性の目やにを伴う慢性持続性の結膜炎です。
鼻汁やくしゃみ、咳などがあらわれ、ときに気管炎、肺炎などを併発し、重症になった場合には死亡してしまうこともあります。
感染経路は感染猫との接触によるものです。
猫カリシウイルス感染症(FCV)
猫のカリシウイルスによる病気で、猫のインフルエンザとも呼ばれているものです。
かかりはじめは、

・クシャミ、鼻ミズ、咳、発熱

といった鼻気管炎とたいへんよく似た症状がみられます。
さらに症状が進むと、舌や口の周辺に潰瘍ができます。
2次感染がおきると肺炎を併発して死ぬ事もある病気です。
猫のカリシウイルスは感染猫との直接の接触でうつりますが、クシャミのしぶきによる拡散や、手、衣服、食器など間接的な媒介物によるものも感染経路となります。
猫免疫不全ウイルス感染症(FlV)
一般に猫エイズと呼ばれる病気ですが、人のエイズとは全く異なる別の病気で、猫のエイズウイルスが人や他の動物に感染する事はありません。
猫エイズウイルスに感染し、病気が発症し免疫不全をおこして初めて猫エイズとなります。
このウイルスに感染していても発症していない猫もおり、無症状のキャリアと呼んで区別しています。感染は猫どうしの接触によるもので、ケンカなどでの咬み傷から感染する場合がほとんどです。

猫白血病ウイルス感染症(FeLV)
白血病の原因となったり、この他にも免疫力が低下し、流産や腎臓病、リンパ腫などのいろいろな病気の原因にもなる恐ろしい病気のひとつです。
特に生後間もない子猫が感染すると発病しやすく死亡率も高い病気です。 


【ワクチン接種で予防できない病気】

この病気はワクチンでは防ぐことが出来ず、発症すると致死率の高い伝染病です。
早期に発見し治療する事でよい状態を長く保つことができますが、残念ながら完治は難しく、回避するためには感染の恐れがある他の猫との接触を避け、室内で育てるしかありません。
いずれも、元気がなくなったり食欲が落ちたり、発熱したりなどの異常がみられますので、早期発見に努めてください。


猫伝染性腹膜炎(FIP)
コロナウイルスが原因によってひき起こされる病気です。
猫に感染するコロナウイルスにはいくつかの種類があり、猫伝染性腹膜炎を起こすものと腸炎を起こす腸炎性コロナウイルスがあります。
感染力はあまり強くありませんが、初期の症状には食欲がなくなったり発熱がみられたりします。
重症になると腹水や胸水、黄疸の症状がでたり、他の臓器もおかされ、様々な症状をひき起こします。

うさぎの診療
うさぎと牧草
(1)うさぎの主食
あなたはうさぎさんに毎日どんなごはんをあげていますか?
うさぎさんはどんな物を主食にしていますか?

①ラビットフード(ペレット)
主食にはなりません。おやつです。

②野菜
主食にはなりません。おやつあるいはおかずです。

③市販のうさぎ用おやつ
健康のためには与えないことをおすすめします。おやつ類に含まれる過剰な糖分や澱粉質は盲腸内環境を悪化させ下痢や発酵異常を招いたり、虫歯の原因になります。また、さつまいも、かぼちゃ、食パンや蒸麦などの穀類も与えない方がよいでしょう。

④牧草
うさぎの主食は牧草です。他の物では代用できません。
なかでもイネ科のチモシーが最適です。柔らかい葉を好む子には2番刈りのチモシーを、硬い茎や穂先を好む子には1番刈りのチモシーをお奨めします。
短くカットされていると嗜好性はいいのですが、蛋白質やカルシウムが多すぎるので主食には適しません。

(2)うさぎに必要な食事

①牧草
朝と夜の2回、たっぷりあげてください。いつでも好きなだけ食べられるように、少し多めにあげるとよいでしょう。朝あげた牧草が夜になっても残っていたらそれは処分して新しいものにかえて下さい。うさぎさんは古くなって風味が悪くなった牧草は食べてくれません。牧草は贅沢させてあげましょう。また、週に一度はペレットと野菜を与えない牧草だけの日を作ることをお奨めします。

②ペレット
必ず量を制限して与えます。生後6ヶ月未満なら体重の2.5%、生後6ヶ月以上なら体重の1~1.5%を一日2回に分けて与えます。
ペレットの量を制限することで牧草をたくさん食べるようになり、盲腸内環境や歯の摩耗状態が正常に保たれます。また、ペレットにはハードタイプとソフトタイプの2種類がありますが、ソフトタイプを選ぶようにしてください。ハードタイプはうさぎの奥歯の形態には不向きです。与え続けていると歯がぐらついて歯根腫瘍など歯の病気を引き起こす可能性があります。
多くの飼い主さんはペレットを与えすぎている傾向があります。うさぎさんにとってペレットはとても美味しいおやつなので、与えたら5分以内で食べきる量が適量です。お皿にペレットがいつまでも残っているなんで我が家のうさぎ達にはまずありえません!もし給与量を制限しているのにペレットの食べが悪かったら・・・毛球症などお腹の調子が悪い可能性があります。

③野菜
いろいろな種類の野菜の味を子うさぎのうちに覚えさせましょう。与える野菜の量はその子の頭ひとつ分を目安に1日に1~2回に分けて与えますが、うさぎさんは夜行性で夜間の採食量が多いので夜1回与えればいいように思います。野菜が多すぎると牧草を食べる量が減ってしまうので与えすぎはよくありません。また、根菜類、人参、キャベツや白菜のしんなどを多く与えると軟便になりやすいので注意が必要です。果物はごく少量をたまに与えるくらいなら問題ありませんが、毎日たくさん与えると盲腸内環境が悪化するのでよくありません。野草では緩下作用をもつタンポポや収劍作用をもつナズナなどがおすすめです。特に毛球症の時にはタンポポを与えてみてください。
我が家のうさぎが毛球症になったときには普段大好きなキャベツや小松菜には見向きもしませんでしたが、タンポポを与えたところムシャムシャ食べて復活してくれたことがあります。おそらく野生下ではその時の体調によって食べる野草を選んでいると思います。

④水
ウォーターボトルを利用すると便利です。きらさないように与えてください。

(3)食生活で予防できる主な病気
歯科疾患(臼歯過長やそれに伴う歯根膿瘍)、



【毛球症ってどんな病気?


胃腸の動きが悪くなり、胃の内容物が腸へ流れなくなります。
以前は、飲み込んだ毛が原因となり、胃の中で毛球ができるとされていました。
最近では胃腸の動きの低下が先にあり、その結果毛球ができたり胃の内容物が排泄されなくなると考えられています。
胃が動かなくなっている状況(胃アトニー)と、毛の塊などが胃や腸をふさいでいる状況(部分閉塞および完全閉塞)があります。
胃は脱水してしぼみ、さらに流れが悪くなる悪循環となります。また、ガスや胃液がたまって胃拡張になる場合もあります。完全閉塞で胃がパンパンに張っている状態は、死亡率の高い緊急疾患です。

症状 ・食欲がない。お水を飲まない
    ・ペレットを食べない(あるいは食べるのに時間がかかる)
    ・便が出ない、小さくなる
    ・憂鬱な表情で体を固く緊張させて座りこむ。たまに上半身を前に伸ばしてお尻を突き出すような   
     格好をする。
    ・あくびが増える
    ・暑くないのに呼吸が速くなる。歯ぎしりをする(これらは痛みのサイン)
治療 ・点滴
    ・流動食や水分の補給
    ・お薬
    ・完全閉塞の場合は、胃内容物やガスの抜去や手術が必要
予防    牧草を食べ、1日1時間程度の運動、リラックス(ストレスや痛みはおなかの動きを低下させる)
その他 胃に毛球があってもあきらめない!成長期に出来た毛球は高い確率で排泄されます。
     また、慢性的に毛球がある子は、できたり排泄してなくなったりを繰り返していることも多いです。  
     食欲がなくなったり、症状のサインを見つけたら急いでご来院ください。迅速な治療を行うと、早    
     く良くなるlことが多いです。
   

子宮の病気について

うさぎには子宮の病気が多いといわれています。
野生のうさぎ達は、コロニーと呼ばれる集団で数羽から十数羽で暮らしています。メンバーは、リーダーのお父さんうさぎと複数のお母さんうさぎ、そしてその子供たちです。
お母さんうさぎは約30日の妊娠期間で4~6羽の赤ちゃんをうみます。お産は年に4~6回!!
食べられてしまう立場の弱い生き物だから、数で子孫を残す戦略です。

飼育されるうさぎさんは、人生で多くて数回の出産しか経験しないことがほとんどで、寿命も野生の子たちに比べると大変長生きです。寿命が長くなるにつれて、腫瘍などいろいろな病気が増えるのはヒトや他の動物と同じです。



おすすめの牧草さん 「どうぶつのごちそう」











当院の患者様向けのサービスです。
ご利用の際は当院の病院コードが必要となりますので、
窓口もしくはお電話にてご確認下さい。

 

ページ上部へ

〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町906-1 TEL.028-613-5050
診療時間 / 午前9:30~12:00 午後3:00~ 7:00 休診日 / 日曜日午後・祝祭日(予約診療可)